お気軽にお問い合わせ下さい 092-403-5544
お問い合わせ
クリニック経営ナビは、医科(病院・クリニック)・歯科専門の税理士による情報サイト
メニュー
閉じる
医療法人の設立をお考えの方へ

事業承継・相続・売却をお考えの方へ

事業承継とM&A医院の相続を円滑に行うためのサポートをいたします。

プロのサポートで相続税を1/10に!

  • 相続税の負担額が放置していた場合の10分の1に治まった

承継の課題をあぶり出し、最適な相続をサポート

事業承継とは言わば医院の相続と世代交代です。
医院を親族に引き継ぐのであれば、事業承継となり、医院を他人に引き継ぐのであればM&Aとなります。

事業承継は個人診療所、医療法人に関わらず発生します。
普段は意識していない事が事業承継の際に浮き彫りになり様々な課題が現れます。
弊社では、医院の相続を円滑に行うためのサポートをさせていただいております。

■事業承継の際の一般的な課題

  1. ①誰に引き継ぐのか?
  2. ②他人の場合引き渡しの対価をどのようにするのか?
  3. ③親族の場合適任者は誰なのか?
  4. ④引き継がない親族(兄弟等)が受取る相続財産はどうするのか?
  5. ⑤医院の財産が高額になり、相続税が払えない
  6. ⑥スタッフの引継ぎはどうするのか?

事業承継専門スタッフによる綿密な承継プランをご提案します

事業承継は、誰に引き継ぐのかという事も大切ですが、引き継ぐ方の税負担についても意識する必要があります。
古くからある医療法人や個人診療所の場合、医院の財産が高額になっているケースが多いものです。
特に古い医療法人の場合、出資持分の評価額が非常に高額になり、相続税の負担が出来ない。という事態に陥っているケースも良くあります。
その場合は出資持分対策が必要となりますが、対策実施にあたっては、様々な税制を活用し、一定の時期に集中して行う事が必須となります。

また、事業承継対策前に相続が発生してしまった場合でも認定医療法人制度を利用した事業承継対策が活用できる場合もあります。
弊社の事業承継専門スタッフが貴院にとって最適な事業承継プランを綿密に練り、シミュレーションを実施致します。

認定医療法人制度を利用した事業承継対策
ページトップへ