お気軽にお問い合わせ下さい 092-403-5544
お問い合わせ
クリニック経営ナビは、医科(病院・クリニック)・歯科専門の税理士による情報サイト
メニュー
閉じる
2022/07/11

クリニックを売りたいときにM&Aアドバイザーに依頼するベストなタイミングはいつ?

1.はじめに

クリニックの売却を考えた時にどこかのタイミングで依頼することになるのがM&Aアドバイザーです。ですが、コストを抑えるために相手先とのマッチングまでは自分たちで行い、それ以降の複雑な手続きだけをアドバイザーに依頼しようと考えられる方も多いのではないかと思います。

それも1つの方法ではありますが、場合によっては思い描いていたM&Aが実現しないこともあります。本日は、クリニックを売りたいときにM&Aアドバイザーに依頼するベストなタイミングについてお伝えいたします。


2.M&Aアドバイザーに依頼する際の2つのパターン

M&Aアドバイザーへの依頼は、主に「マッチング先行型」と「条件決定先行型」の2パターンがあります。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

マッチング先行型

マッチング先行型とは、その名の通り先に相手先を見つけ、その後条件をすり合わせていくパターンです。
流れとしては

①相手先選定
②条件設定
③条件交渉、契約準備

となります。
マッチング先行型

アドバイザーを使わずに自分で交渉する場合は、売り手自身が複数の買い手を募るというのは相手先に失礼になると感じられるため、なかなか難しいのではないかと思います。このため、候補先1社のみと条件交渉をすることが多くなりますが、売り手か買い手のどちらかが条件を譲歩しなければ交渉が進まないため、売り手の希望通りに売却ができないケースもよくあります。
また、条件が譲れない場合には、交渉を破談にして相手先探しを1からスタートさせることになるので時間もかかります。

マッチング先行型のメリットとしては、手数料が安くなる可能性はありますが、売り手の希望の条件が通らない、時間をロスしてしまうなどのデメリットがあります。

条件決定先行型

条件決定先行型とは、事前に売り手側の条件を決定しその後条件に見合う先をM&Aアドバイザーが複数の相手先の中から選び出し、そこから条件に合う相手先を絞っていくというやり方です。
流れとしては、

① 事前準備(条件設定)
②相手先選定(マッチング)
③条件調整、契約準備

となります。
条件決定先行型

この方法は、私たちM&Aアドバイザーがおすすめしている進め方です。
事前に決める条件は、金額だけでなく売却後に社長がどのように関わりたいか(数年は働きたいのか、すぐに引退したいのか)など、経済的な条件以外も含めて決めることが重要です。
この方法は、先に条件を提示しそれに見合う相手先を絞っていく進め方なので売り手側が条件面で譲歩することが少なく、なおかつ自分の人脈外の多くの候補先から相手先を探し出せるというメリットがあります。
また、他の候補先と同時交渉をしていくため時間が無駄にならないというメリットもあります。

デメリットとしては、マッチング先行型と比較してアドバイザーの手数料が高くなる可能性があります。ただしその分希望の金額条件を高めに設定し、それに見合う相手先を探せばそれほど問題ではないと思います。


3.まとめ

以上、今回はクリニックを売却する際にM&Aアドバイザーに依頼するタイミングについてお伝えしました。M&Aにおいては、マッチングしてから条件を決めるのと条件を決めてからマッチングをするのとでは似ているようで大きく違うということがお分かりになったのではないでしょうか。

M&Aアドバイザーに依頼するメリットは上記のように多くありますので、アドバイザーをうまく活用してコンサルをぜひ利用して理想通りのM&Aを実現していただければと思います。ご相談だけでも承っておりますのでM&Aについてお悩みがある方はお気軽に㈱フォルテワンまでご連絡ください。

▼動画で見る

▼アップパートナーズグループ M&A専門会社 ㈱フォルテワン
https://forte-one.com/



無料メール相談
無料メール相談無料メール相談
ページトップへ