お気軽にお問い合わせ下さい 092-403-5544
お問い合わせ
クリニック経営ナビは、医科(病院・クリニック)・歯科専門の税理士による情報サイト
メニュー
閉じる
2022/06/01

事業復活支援金の受付が終了間近です!

事業復活支援金,申請

1.はじめに

当サイトでも以前にご案内をさせていただきましたが、今年の1月より事業復活支援金の申請が開始されております。
既に受付終了間近ということで再度、対象事業者に該当するか、申請の漏れがないかご確認いただければと思います。


2.申請期限が延長されました

受付終了間近になり、つい先日ですが経済産業省より期限延長が発表されました。
変更点は以下の通り。

【申請IDの発行】
 5月31日で発行終了
【継続支援機関への事前確認】
 5月26日終了 → 6月14日で終了
【申請受付期限】
 5月31日終了 → 6月17日で終了

※給付対象や給付額、申請時の注意点につきましては、事業復活支援金の申請サイトよりご確認ください。


3.差額給付申請の対象事業者になっていませんか

既に事業復活支援金を受け取った事業者の方で、30%以上50%未満の売上高減少により申請済みのケースにおいて、申請の後、対象期間内において更に売上高の減少が発生した場合には差額の給付申請が可能となっております。
例として下図をご覧ください。
差額給付、事業復活支援金
※経済産業省・事業復活支援金の詳細についてより一部抜粋

上記のように初回の給付申請は済んでいる状態で、残りの対象期間で要件を満たすことができれば受給可能となっております。

ポイントは差額給付の対象要件で、以下の全てを満たす必要があります。

・事業復活支援金の初回給付を受けたこと
・初回給付において、対象月の月間事業収入が、基準月の月間事業収入と比較して30%以上50%未満の減少であったこと
・差額給付において、対象期間のうち、初回給付の「申請日」を含む月以降のいずれかの月を対象月とすること
・差額給付において、対象月の月間事業収入が、基準月の月間事業収入と比較して50%以上減少していること
・差額給付において、月間事業収入の減少が、初回給付の申請を行った時点で予見されなかった新型コロナウイルス感染症の影響を受けたことにより、自らの事業判断によらずに生じたものであること

上記を満たした上で申請する流れとなっております。
なお、差額給付の申請については2022年6 月30 日までです。但し、6 月1 日以降に初回給付分を受給された方は、受給した日の翌日から30 日間になります。
この差額給付の対象となる可能性のある方については、申請サイトのマイページ上に差額給付の申請ボタンが表示されますので、覚えがある方はご確認ください。


4.最後に

今回は、受付終了間近となった事業復活支援金について対象事業者でないか、申請漏れがないかと再度ご案内させていただきました。
コロナの影響を受け、大変厳しい状況で経営されておられる事業者の方には、期限まで今しばらくお時間がございますので、是非顧問税理士へご相談されてはいかがでしょうか。



無料メール相談
無料メール相談無料メール相談
ページトップへ