お気軽にお問い合わせ下さい 092-403-5544
お問い合わせ
クリニック経営ナビは、医科(病院・クリニック)・歯科専門の税理士による情報サイト
メニュー
閉じる
2020/08/31
選択制確定拠出年金とは?

1, はじめに

「選択制確定拠出年金」をご存知でしょうか?
確定拠出年金と聞くと、個人型のiDeCoを想像するかたもいらっしゃるかと思います。
選択制確定拠出年金は、企業型確定拠出年金の一つです。
この記事では、選択制確定拠出年金について、制度の内容とメリット・デメリットを説明していきます。


2, 選択制確定拠出年金とは

選択性確定拠出年金とは、社員が給与の一部を確定拠出年金に拠出し、老後の資産形成を自らの意思に基づき、
積み立てていくことが可能な制度です。
確定拠出年金に拠出せずに、現行の給与をそのまま受け取ることも可能です。
拠出するか否かは、社員自身の判断で決定できます。
また、会社にとっては、新たな費用を負担することなく企業年金制度を導入することができます。

 

 

3, 選択制確定拠出年金の内容

選択制確定拠出年金は、社員自身の判断で拠出することを決定できます。
会社は労使合意に基づいて、現行の給与の一定額を社員が確定拠出年金に拠出することが可能な給与体系へ変更します。
拠出限度額は、55,000円になります。
社員は、選択金55,000円のうち、3,000円以上1,000円単位で拠出することができます。
拠出額は、増額、減額可能です。

 

 

4, メリット

会社のメリット

・福利厚生の充実

・企業年金制度の導入による社員の老後の資産形成を支援

・法定福利費の軽減(拠出金は、社会保険の対象から外れます)

・企業規模に関わらず導入が可能

・役員の加入も可能

 

社員のメリット

<税制の優遇>

■ 掛け金拠出時・・・・・・・・・・所得税非課税、住民税非課税

■ 資産運用で利益が生じた時・・・・運用益非課税

■ 年金ないし一時金で受取・・・・・一時金は退職所得、年金は公的年金等控除

 

<社会保険料等の軽減>

確定拠出年金の拠出金は、社会保険料等の算定外報酬のため、
社会保険料等自己負担額の軽減を図ることが可能です。

 

<ポータビリティ>

転職または退職などで、その会社の確定拠出年金から脱退する場合、
積み立てた資産額を次の確定拠出年金に持ち込んで運用を続けることができます。

 

<自ら運用>

運用商品は自ら選定します。社員自身のライフプランに合わせた運用をすることができます。
資産額については常にWEBで確認することができます。

 

5, 選択制確定拠出年金のデメリット

選択制確定拠出年金については、以下のデメリットがあります。

 

● 原則として60歳までは、資産の引き出しが不可

● 社会保険料等の軽減に伴う各種給付への影響
 

健康保険の傷病手当、労災の労災給付、雇用保険の失業給付に影響が出ます。

 

6, まとめ

確定拠出年金には、企業型確定拠出年金の他、個人型確定拠出年金のiDeCoなどもございます。

それぞれメリット・デメリットありますので、比較をしていただき、それぞれにあったものを選んで、老後の資産形成に備えていきましょう。

選択制確定拠出年金の設定方法などは弊社担当者にご相談ください。


カテゴリー
キーワード
無料メール相談
無料メール相談無料メール相談
ページトップへ