お気軽にお問い合わせ下さい 092-403-5544
お問い合わせ
クリニック経営ナビは、医科(病院・クリニック)・歯科専門の税理士による情報サイト
メニュー
閉じる
2019/10/03

iDeCo(個人型確定拠出年金)について

thought-2123970_640

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは

60歳までの間、毎月一定の掛け金を積み立てて、証券会社等があらかじめ用意した金融商品(投資信託や定期預金、保険等)を自ら選んで運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取る制度です。

▼対象者

日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば、原則誰でも始める事が可能です。

▼掛金

月額5,000円からはじめることができます。月額上限は会社役員(会社員)で23,000円、個人事業主で68,000円(国民年金基金の月額含む)です。

 

メリット

・積立金額の全額が「所得控除」の対象となります。(所得税、住民税の負担軽減

・運用で発生した定期預金利息や投資信託の運用益については「非課税」となります。

・受取時は「公的年金控除」「退職所得控除」の対象となります。受取時の税負担も軽い

 

デメリット

・60歳になるまでは、原則として受給・中途解約できません。確定拠出年金は60歳にならないと原則として資産を引き出すことができません。

・給付額は運用成績により変動します

iDeCoは、将来、受け取れる額があらかじめ確定しているわけではありません。資産の運用はご自身の責任で行われ、受け取る額は運用成績により変動します。運用商品の中には、元本が確保されていないものもありますので、商品の特徴をよく理解したうえで運用商品を選ぶ事が大事です。

 

申込方法

 金融機関、証券会社、保険会社などが取り扱っています。

 ネット証券では、SBI証券、楽天証券が手数料無料で人気があるようです。

(参考)iDeCoの公式サイト https://www.ideco-koushiki.jp/


無料メール相談
無料メール相談無料メール相談
ページトップへ